作業療法士とは

作業療法士とは

日本作業療法士協会は作業療法を”「身体または精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対して、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導および援助を行うこと」”と定義しています。
作業療法士の役割は、対象となる方やご家族の生活・人生を豊かにするための支援をすることです。地域の医療・介護・福祉・教育・就労機関など身近なところでお子様からお年寄りまで年齢に関係なく、病気やけがの経過と、これからの生活を見越して、それぞれのライフステージに合わせた支援を行います。

作業療法士とは

作業療法士を目指す人へ

作業療法士になるためには、高等学校を卒業後に専門の養成校に入学・卒業して国家試験に合格する必要があります。
養成校では作業療法士として必要な医学的知識や専門知識・技術を講義や実習で学びます。たくさん学ぶことがありますが、作業療法士は人間の限りない可能性を追い求めて活動しています。

お問い合わせ

お気軽にお問合せ・ご相談ください。