大阪府作業療法士会 教育部老年期領域チーム 研修案内
『嚥下障害に対する姿勢へのアプローチ』

教育部老年期領域チーム  森 貴大(PL病院)

高齢者の包括的ケアを実践していく上で、対象者の栄養状態の理解とその対策は必須のものとなります。しかしながら、肺炎患者の約7割が75歳以上の高齢者であり、うち70%が誤嚥性肺炎であるというデータも示されています。誤嚥性肺炎を引き起こす嚥下障害は、疾患や機能など様々な要因が考えられますが、高齢者に特徴的である円背姿勢も、その発生に関与していることが示唆されています。
そこで今回、長年臨床において、姿勢の観点から誤嚥予防を研究されていた理学療法士 乾亮介先生をお招きし、嚥下機能の解剖生理を踏まえて、嚥下と姿勢の関係性と実際の姿勢への機能的アプローチを講義していただきます。
高齢期における「食事」という大切な生活行為を適切に支援していけるよう、皆さまと共に考える機会にしたいと思います。皆さまの多数のご参加をお待ちしております。
※当日、実技を行う予定もありますので、動きやすい服装でお越しください。

日時
平成30年11月4日(日)  13時00分~16時30分(受付開始12時30分)
会場
森ノ宮医療大学 C棟5階(アクセス
(〒559-8611 大阪市住之江区南港北1-26-16)
講師
乾 亮介 先生(理学療法士・3学会合同呼吸療法認定士・日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士・STOTT PILATES上級マットインストラクター・リハビリテーションマットインストラクター)
参加資格(作業療法士に関して)
日本作業療法士協会ならびに所属都道府県士会の平成30年度会費納入者 ※会費未納者の方はご参加頂けませんので、ご了承ください。
参加費
1.大阪府士会員(平成30年度年会費納入者) 2,000円
2.他府県士会員およびその他関連職種 3,000円
生涯教育ポイント
2ポイント
申込方法
大阪府作業療法士会の本研修会の申し込み専用フォームからお申し込み下さい。
申し込み締め切り
平成30年10月31日(水)
※参加不可の場合のみ連絡させていただきます。

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい