平成30年度 北河内・大阪市北・南ブロック合同研修会のご案内
地域包括ケア基礎研修
「地域包括ケアシステムにおける作業療法士の役割」

平成30年度より四條畷市・守口市・門真市(くすのき広域連合)、また、秋より大阪市(66箇所の地域包括支援センター)において、自立支援に向けた地域ケア会議や介護予防事業が開始される予定です。当該市町村事業の助言・支援者として、作業療法士に多くの期待や依頼を寄せていただいています。その反面、現状当該地域において登用できる作業療法士が不足しており、人材の確保が急務となっています。
基礎研修では、お住まい、お勤めの地域でより多くの作業療法士が活動できる環境づくりを目的に、「地域包括ケアシステム」や「地域包括ケアが求められる背景や作業療法士に期待される役割」についてお話します。地域で働いている方だけでなく、いろんな分野の方にご参加いただき、来たる地域包括ケア時代における作業療法士の役割について一緒に知識を深めたいと思います。
今回は北河内・大阪市北・南ブロック合同で開催されます。普段とは違う顔ぶれの方とも交流できる機会となりますので、ぜひご参加ください。

*平成30年夏に開催予定の「地域包括ケア推進リーダー研修」、「介護予防推進リーダー研修」を受講するための受講要件の一つとなる基礎研修です。

日時
平成30年5月30日(水)19:00~20:30(受付開始 18:30~)
場所
牧リハビリテーション病院
住所
〒571-0015 大阪府門真市三ツ島3丁目6番34号
アクセス・地図(新規ウィンドウで開きます)
講師
名倉 和幸 氏 (介護老人保健施設 ハーモニィー 作業療法士)
内容
介護保険について
地域包括ケアシステムについて(地域ケア会議、介護予防とは)
事例紹介、グループワーク
対象
大阪府作業療法士会会員【当日入会可能】
生涯教育ポイント 2ポイント 受講証明書発行
参加費
1,000円
当日入会希望者は別途 年会費 10,000円、入会金 1,000円ご準備下さい
申し込み方法
大阪府作業療法士会ホームページ上の研修会の申し込み専用フォームからお申し込み下さい。
申し込み締め切り
平成30年5月20日(日)まで
窓口
地域包括委員会 北河内・大阪市北・大阪市南ロック担当

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい