大阪府作業療法士会 教育部老年期領域チーム 研修案内

「臨床に生かす笑いの効果」

教育部老年期領域チーム 久保田奈美
(介護老人保健施設 パークサイドなごみ)

 普段の生活の中で、あなたはどのくらい笑っていますか?
大阪はもともと笑いに長年慣れ親しんだ土地であり、我々大阪に住む者にとっては「笑い」はとても身近なものではないでしょうか。近年、「笑い」と「健康」の関連が注目されています。ストレスの軽減やナチュラルキラー細胞の活性化に繋がるなど様々な効果が注目され、研究が進められています。
また、ノンバーバルな感情表現のひとつとして、笑いは日常生活の中で大切な役割を担っています。作業療法の中でも認知症の方への関わりの中で笑顔を引き出すこと自体が、その方が前向きに楽しく生活を送ることへの一助となると考えます。
このたびの研修会では、長年、笑いのもたらす効果について注目されている広島大学の宮口英樹先生を講師としてお迎えし、「臨床に生かす笑いの効果」と題してご講演をいただくことになりました。笑いが健康にもたらす効果や中高年者を対象としたご自身のご研究などに関して、最新の知見をお話ししていただく予定です。
普段の臨床の中で「笑い」の大切さ、効果について注目されている皆さま、科学的な知見やその活用方法など、笑いに関して少し詳しくなってみませんか?
そして、明日からの臨床の中で生かせるエッセンスをたくさんお持ち帰りください。多くの皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

日時
平成31年1月27日(日)10時00分~13時00分(受付開始9時30分)
会場
森ノ宮医療大学 C棟5階 (〒559-8611 大阪市住之江区南港北1-26-16)
講師
宮口 英樹先生(広島大学学術院 大学院医歯薬保健学研究科)
参加資格
(作業療法士に関して):日本作業療法士会ならびに所属都道府県士会の平成30年度会費納入者
※会費未納者の方はご参加頂けませんので、ご了承ください。
参加費
1.大阪府士会員(平成30年度年会費納入者) 2,000円
2.他府県士会およびその他関連職種 3,000円
生涯教育ポイント
2ポイント
申し込み締め切り
平成31年1月23日(水)
※参加不可の場合のみ連絡させていただきます。

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい