生活行為向上マネジメント委員会主催事例検討会のご案内

生活行為向上マネジメントとは、日本作業療法士協会が厚生労働省老人保健健康増進等事業において、作業療法を具体的にわかりやすく伝達する「作業療法の見える化ツール」として開発したものです。作業療法士の専門性を示し、多職種と連携を取るために、作業療法士にその活用が求められています。

生活行為向上マネジメントに慣れていない方も、この機会にぜひご参加頂き、検討会を通じて理解を深めて頂ければと思います。

【日時】
平成30 年8月8日(水)19:00〜20:30(受付開始18:40)
【場所】
大阪府作業療法士会事務所
大阪府大阪市中央区玉造2-16-8 玉造井上ビル6階
【内容】
1事例あたり45 分の事例検討会(事例発表および討議)各チームに
生活行為向上マネジメントのチーム員が入り、グループ毎に討議を進めていきます。※事例発表は、基礎研修修了者のみ発表申し込み可能です。
討議への参加は基礎研修が終了されていなくても参加可能です。

※また発表者は抄録・マネジメントシートその他資料を提出して頂きます。

※事例発表は現職者研修の事例報告への読み替えが可能となっています。

※申し込みフォームのその他の項目には事例発表あるいは討議の記入をお願いいたします。

※事例発表者がいなかった場合は開催を中止する場合があります。
その際は申し込まれたアドレスへご連絡を入れさせていただきます。

【参加費】
1000円
※日本作業療法士協会生涯教育2ポイントに該当します。

生活行為向上マネジメント委員会 担当理事 木瀬憲司

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい