大阪府作業療法士会 教育部老年期領域チーム 研修案内
『認知症の人とその家族の方への支援について ~作業療法士ができる家族支援を考える~』

教育部老年期領域チーム 長谷川 誠(介護老人保健施設 愛しや)

認知症の人の支援において、介護者家族への支援はその中核をなすものとなります。当事者支援がどれほど充実していたとしても、家族の方に対する支援は決して欠かすことのできないものであり、明確な目標や手段を持って介入していくことが必要です。

しかし、単に家族支援といえども、その方法や手段は多岐に渡ります。当事者を含む家族のそれぞれの想いや関係性が交錯する中で、その状況をしっかりと紐解き、課題解決の糸口を多(他)職種の支援者間で共有していくことが重要となっていきます。

私たち作業療法士は、様々な形での家族支援の在り方を俯瞰的な視点で捉え、当事者の幸せが家族の幸せに繋がるという一方向的な視点だけでなく、家族全体の関係性を担保した上で、家族の幸せから当事者の幸せに繋げることも並行して考えていくことが求められます。

そこで今回の老年期領域研修会では、様々な現場での実践から「認知症の人とその家族の方への支援の実際」を報告していただき、作業療法士ができる家族支援の在り方を共に考える機会にしたいと思います。

日時
2017年10月29日(日)13時30分~16時30分
会場
大阪府作業療法士会事務所(大阪市中央区玉造2-16-8 玉造井上ビル 6階)
交通アクセス(新規ウィンドウで開きます)
講師
野崎 健 先生(希望や訪問看護ステーション 泉州支所)
実践報告プレゼンター
平田 暁子 先生(藍野病院 訪問リハビリテーション事業所 あいの)
若松 直美 先生(巽病院訪問看護ステーション)
森 貴大 先生 (PL病院 リハビリテーション科)
蕨野 浩 先生 (メディケア・リハビリ訪問看護ステーション)
参加資格(作業療法士に関して)
日本作業療法士協会ならびに所属都道府県士会の平成29年度会費納入者
※会費未納者の方はご参加頂けませんので、ご了承ください。
参加費
  1. 大阪府士会員(平成29年度年会費納入者) 2,000円
  2. 他府県士会員およびその他関連職種 3,000円
定員
30名(応募者が定員を超えた場合は、大阪府作業療法士会員を優先させて頂きます。)
※参加不可の場合のみ連絡させていただきます。
生涯教育ポイント
2ポイント
申込方法
大阪府作業療法士会の本研修会の申し込み専用フォームからお申し込み下さい。
申し込み期限
2017年10月27日(金)

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい