top

現在、精神障害のある方の一般企業への就労者は急激な増加傾向にあり、就労移行支援事業など福祉サービスが整備される一方で、医療機関である精神科デイケアにおいても就労ニーズに対応する機会が増えてきていることを、現場で実感されている方も多いのではないでしょうか。しかし、「就労に向けた準備」「サービスにつなぐ」「直接、就労へつなぐ」「就職した後のフォロー」「就労移行支援事業との連携」などその役割は幅広くあり、対応に苦慮されている方も多いはずです。
今回の研修では、デイケアにおいて様々なかたちで就労ニーズに対する支援を実践している作業療法士の皆様にご登壇頂き、その実践から「デイケアにおける就労支援のあり方」について、考えていきます。「就労支援におけるデイケアの役割とは?」「その中で作業療法士に求められることとは?」明日からの就労支援をレベルアップする機会として、ぜひご活用ください!

講師紹介
①地域の中で幅広く動くパイオニアとして
岩根 達郎 氏(京都府立洛南病院リハビリテーション科・作業療法士)
②就労支援サービスにつなぐ・就労後のサポートとして
細田 勝世 氏(医療法人清風会茨木病院デイケアセンター・作業療法士)
③復職に向けた役割として
松田 匡弘 氏(医療法人栄仁会バックアップセンターきょうと・作業療法士)
日時
平成29年5月20日(土)14:00~17:00
会場
医療法人清風会 茨木病院6Fホール
〒567-0801 大阪府茨木市総持寺1丁目4番1号
アクセス・地図(新規ウィンドウで開きます)
定員
40名
参加費
府士会員・他府県士会員:2,000円 他職種:3,000円
※生涯教育ポイント(2ポイント)対象研修。生涯教育手帳をご持参ください。
※非会員の方は当日入会手続きを行った上、参加可能です。
申し込み
大阪府作業療法士会HP 本研修会申し込み専用フォームよりお願いします。
申込締切
平成29年5月18日(木)17:00〆切
※当日は可能な限り公共交通機関をご利用頂けますよう、お願いいたします。

研修会参加申し込み

こちらの申し込み専用フォームからお申し込み下さい