作業療法士(Occupational Therapist: OT)とは!?

作業療法士は国家資格です。
リハビリテーションは、作業療法士以外に医師・看護師・理学療法士・言語聴覚士などの医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護支援専門員などの保健・福祉専門職、教師、心理専門職などがチームの一員として生活支援に取り組んでいます。
作業療法士の役割は、これらの職種と一緒に対象となる方やご家族の生活・人生を豊かにするための支援をするお仕事です。具体的な例を紹介していきます。

日本作業療法士協会は作業療法を”「身体または精神に障害のある者、またはそれが予測される者に対して、その主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて行う治療・指導および援助を行うこと」”と定義しています。

作業療法士は

対象となる方のそれぞれの生活に応じた支援を行います

私たち作業療法士は「食べる・着替える・お風呂に入る・家事や仕事・余暇や地域活動・遊び・学習・育児・人との関わり」など、日常生活のすべての活動を「作業(=生活行為)」と呼んでいます。
日頃、皆様が行っている作業に着目し、その人に合った生活を目指し、リハビリテーションによる支援を行います。”こころ”や”からだ”の不安がありながらも住み慣れた地域で、大切な方といつまでも楽しく生活が続けられるように作業を通して支援や提案をさせていただきます。

ライフステージに合わせて、一緒に生活を支援します

私たち作業療法士は、お子様からお年寄りまで年齢に関係なく、病気やけがの経過と、これからの生活を見越して、それぞれのライフステージに合わせた支援を行います。また各々の病気やけがの症状だけでなく、その人に合った生活を一緒に考え、「したいこと」や「できること」に目を向けてサポートすることを心がけています。

地域の医療・介護・福祉・教育・就労機関など身近なところで働いています

私たち作業療法士は、病気や不慮の事故など様々な原因で”こころ”や”からだ”に何らかの不自由が生じてしまった方々に対し、その方の持ちえた能力を最大限に活かして豊かな生活を獲得する為に日々、技術の向上と知識の充実に取り組んでおります。
作業療法士は、皆様の身近な存在として日々の生活に支援が必要なすべての方に、「作業」を通じて社会とのつながりを作れるようサポートしています。活躍の場は下図をご覧ください。

リハビリの知識や技術を地域の皆様へ広くお伝えいたします

私たち作業療法士は、「日常生活支援」「介護予防(転倒・認知症予防等)」「福祉用具の選定」「子育て支援」「学校支援」「就労支援」「災害支援」などのリハビリテーションに関わるさまざまな知識や技術があります。これらの知識や技術を活かして地域の皆様の暮らしやすい地域づくりに貢献しています。大阪府民の皆様が住み慣れた地域で健康的な生活を続けていけるように全力でサポートさせて頂きます。
是非、お近くの作業療法士にお声をかけてください。

「健康・生きがいづくり」に向け、研究や様々なフィールドで活動の場を広げています。


私たち作業療法士は、お子様から高齢者まで、作業療法を必要とする方々に、よりよい作業療法が実践できるよう医学・保健学・作業科学領域などで研究に取り組んでいます。
また、介護・医療現場での専門相談・訪問事業の立ち上げ、支援学校、教育委員会への作業療法士の配置、さらに運転免許センター・刑務所、一般企業にも職域を拡大しています。
さらに、青年海外協力隊員として、リハビリテーション途上国を応援しています。
府民の皆様の日々の暮らしの中で、必要な作業、やりたい作業が、なにかの障害や病気などで困難になったとき、作業療法士は、専門的知識や技術に基づいて、その人らしい生活が再び実現できるよう援助し、健康や生きがいづくりをサポートさせていただきます。

【参考資料】
・北海道作業療法士会のホームページ
・日本言語聴覚士協会のホームページ