簡易型フェイスシールドの寄付について

作業療法推進部では、新型コロナウィルスと戦う医療・介護従事者に対し、少しでもお役に立ちたいという思いから、飛沫感染を防ぐ簡易型フェイスシールドならびに作成手順書を作りました。食事介助や口腔体操、吸引時など飛沫感染のリスクが高い場面での使用を考えており、現在は、推進部員が作成した簡易型フェイスシールドを医療機関、介護・福祉施設に無償で寄付し、出来る限りの社会貢献を始めました。今後も、簡易型フェイスシールドのご希望がある施設に配布していく予定です。コロナウィルス感染拡大という国難に対し、助け合いの輪が広がり、国民全員で乗り切っていける一助となれば幸いです。
簡易型フェイスシールド作成手順書