「福祉用具・OT関連機器の開発に関するニーズを募集します」

「こんな事・こんな物に困っている」、「もっと安全にならないか」、「今より楽にできないか」、「こんな物があったら良いのに…」など、病院や在宅、子供の施設など、日々OTが仕事をとおして感じている事はありませんか?
大阪府作業療法士会では、中小企業のものづくり力(大阪商工会議所)と、皆様のアイデアとをコラボレーションし、貴方の手作り品を商品として必要とする人に普及することや、自助具・訓練機器等の新規開発に協力しています。
具体的な解決のアイデアがある場合はもちろん、無い場合も先ずはニーズを提案してみませんか?
皆様からの書き込みをお待ちしています。

福祉用具・OT関連機器の開発に関する取り組みの沿革

*平成25年7月に出された経済産業省の、中小企業のものづくり力を活用し、医療現場の問題解決に資する医療機器の開発・改良の促進を目的とした「課題解決型医療機器等開発事業」の推進を受け、大阪府では平成26年3月に大阪医工プロジェクトが開始。当初より、大阪府作業療法士会は協力団体として、専門家会議に参加。

*平成27年度から同事業は大阪商工会議所の「次世代医療システム産業化フォーラム」に移行。医療従事者関連団体は、各団体を介したニーズ収集と共通ニーズの取りまとめを担うことになる。

*平成29年度より、27年度以降の経験をとおし、より幅広く会員からニーズを収集できるように、ホームページでのニーズ募集を決定。

大阪府作業療法士会 福祉用具委員会
送付先:大阪府作業療法士会事務所 jimu@osaka-ot.jp

(記載例)

氏名(協会番号) 大阪 梅子(007)
所  属
連絡先電話番号
メールアドレス
ニーズタイトル お味噌汁用ストロー
現状の概略 CP成人 お味噌汁の汁物の汁が飲みにくい。水分はストローで飲める。汁物は、ストローで飲むと具が詰まって汁が吸えなくなる。太いストローにすると具が詰まりにくくはなる(それでも詰まる)が、大きめの具ごとあがってくるのも飲みにくく、むせることもあるので困る。
課  題 味噌汁などの汁物を飲む場合具が上がってこないようにしながら、汁を飲めるようなもの(携帯できて外出先の食事でも使えるもの)
課題解決のためのアイデア
注:空欄でも可
image002image004image006

守秘義務:記載いただいた個人情報は、公開されることはありません。また本目的以外には使用いたしません。